2010年03月01日

密かにバーバーも記念の年

本年度はアメリカの作曲家バーバー生誕100年でもあります。

1910年生まれのバーバー、日本では「弦楽のためのアダージョ」で有名な作曲家。実際日本で他の作品を耳にする機会は皆無に等しく、当然記念の年といって話題になる事もほとんどありません。

皆さんはそんなバーバーの記念盤が、EMIから発売されているのをご存知でしょうか?

barber.jpg

アダージョ〜バーバー生誕100年記念盤


収録曲は「弦楽のためのアダージョ」を筆頭に管弦楽曲、室内楽曲、器楽曲、声楽曲とバラエティにとんだ内容となっております。



CD1

バーバー 弦楽のためのアダージョOp.11
 ベルリン・フィルハーモニー
 サイモン・ラトル(指揮)

バーバー 序曲『悪口学校』Op.5
バーバー ヴァイオリン協奏曲Op.14
 エルマー・オリヴィエラ(ヴァイオリン)
 セントルイス交響楽団
 レナード・スラトキン(指揮)

バーバー ノックスヴィル、1915年の夏
 バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
 ロンドン交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)

バーバー 管弦楽のためのエッセイOp.24
バーバー メデイアの瞑想と復讐の踊りOp.32a
 セントルイス交響楽団
 レナード・スラトキン(指揮)

CD2

バーバー ドーヴァー・ビーチOp.3
 トーマス・アレン(バリトン)
 エンデリオン弦楽四重奏団

バーバー ソナタOp.26
バーバー 遠足Op.20
 レオン・マコーリー(ピアノ)

バーバー 夏の音楽Op.31
 ジャンヌ・バクストレッサー(フルート)
 ジョゼフ・ロビンソン(オーボエ)
 スタンリー・ドラッカー(クラリネット)
 ジュディス・ル・クレア(バスーン)
 フィリップ・マイヤーズ(ホルン)

バーバー 3つの歌Op.2
 トーマス・アレン(バリトン)
 ロジャー・ヴィニョールズ(ピアノ)

バーバー 弦楽四重奏曲Op.11
 エンデリオン弦楽四重奏団



やや保守的な印象のある作曲家でありますが、現在注文中。届いたら早速聴いてみようかと思っております。


にほんブログ村 クラシックブログへ
タグ:バーバー
posted by やったくん at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽち。
バーバーと言えば、フィガロを連想します。
床屋さん・・・。
発想が貧困でっ(汗)
Posted by operaview at 2010年03月03日 22:48
>operaview殿

コメントありがとうございます。

(バーバー)→(フィガロ)→(床屋)なら

続きは(セビリアの理髪師)あたりでしょうか。

ああ、自分はもっと発想が貧困です(笑) 
Posted by 管理人 at 2010年03月06日 22:38
こんばんは。
今年がバーバー生誕100周年とは、知りませんでした。マーラー、ショパン、シューマンという大物の影に、すっかり隠れてしまっていますね。

バーバーのピアノ関係だけ一通り聴いていますが、「遠足」は保守的な作風なんですが、メロディが綺麗で馴染みやすいです。これはとても好きな曲です。
ピアノソナタは、現代的な作曲技法のわりに旋律と和声が美しく、コープランドやアイブズよりはずっと聴きやすい曲です。

ロマンティックなヴァイオリン協奏曲は有名ですが、現代的なタッチのピアノ協奏曲はこのBOXには収録されていないのですね。録音が少ないのでEMIには音源がなかったのかも。
個人的には、米国の現代音楽のピアノ協奏曲の中でも、名曲ではないかと思ってます。

「ノックスヴィル、1915年の夏」はアップショウの録音で聴いたことがあるのに、すっかり忘れてました。ちょうど良い機会なので、聴き直して見ます。
Posted by yoshimi at 2010年03月10日 01:45
>yoshimi殿

コメントありがとうございます。

自分にとってバーバーはアダージョとホロヴィッツによるピアノ・ソナタぐらいしか聞いた事がない未知の作曲家であります。

注文中である今回のBOXを聞いてみて興味があれば、NAXOSあたりの作品集にチャレンジしようかと。

紹介にあったピアノ協奏曲は一度聞いてみたいと思いました。

バーバーのいろいろな演奏の紹介ありがとうございました。
Posted by 管理人 at 2010年03月12日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142516648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。