2010年04月08日

ハイティンクの新譜「英雄の生涯」再び

ハイティンクの新譜は久々の録音。


最近ハイティンクの指揮、円熟した音楽を醸し出していると思う。

正直コンセルトヘボウを振っている当時から華のあるタイプではなかったし、彼の音楽自体ははっきりいって地味でおもしろみにかける。

でも彼の音楽、堅実にしっかりと聞かせてくれるし、彼の人柄もあってか、非常に温かみのあるふくよかな響きをもっており、ゆっくりと音楽に浸りたい場合などに取り出す機会が多いのも彼の音楽。

最近ハイティンクの新譜で期待しているのがシカゴ響を振った「リヒャルト=シュトラウス 交響詩 英雄の生涯」である。

haithink.jpg

R.シュトラウス『英雄の生涯』、ヴェーベルン『夏風のなかで』 ハイティンク&シカゴ交響楽団


彼自身、1970年にコンセルトヘボウを振った演奏がありまして、その演奏以前当ブログでも取り上げた際に「非常にオーソドックスな演奏」と紹介した演奏。

そんなハイティンクが2008年にライブで、38年振り!に再録音したのが今度発売されるシカゴ響との演奏。

シカゴ響自身同曲のアメリカ初演をした名門オケ。

ハイティンクの円熟の技、極上のサウンドはいかに、今からこう期待。

ちなみにカップリングのヴェーベルンはシカゴ響発録音。


にほんブログ村 クラシックブログへ
posted by やったくん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。