2010年05月02日

これは凄い、ヴェルディのBOX

ヴェルディのオペラ以外も含めたBOXが発売されます。

verdi_box.jpg

ヴェルディ・エディション(74CD)

今回のBOXですが、オペラが(多分)復刻の物が多いのと歌曲、室内楽、バレエ曲、シンフォニアなどかなりマニアックなジャンルまで含まれているのがポイント。


<収録曲 オペラ以外>

CD70「宗教曲集」

・荘厳ミサ曲(グロリア・ミサ)
・世の罪を取り除かれる方よ
・これほどすばらしい秘蹟を ヘ長調
・讃えなさい、子らよ
・これほどすばらしい秘蹟を ト長調
・私どもの父よ
・アヴェ・マリア
・われを解き放ちたまえ(ロッシーニに捧げるミサ:1869年版)

 エルダー・アリーヴ
 ミケーレ・ペルトゥージ (バス)
 ケネス・ターヴァー
 ファン・ディエゴ・ フローレス(T)
 エリザベッタ・スカーノ
 クリスティーナ・ガイヤルド=ドマス(S)
 ダニエレ・フェラーリ(オルガン)

 演奏 ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団&合唱団
 指揮 リッカルド・シャイー

 2000年録音

CD71「歌曲集」

・日没
・誘惑
・星に
・小さな煙突掃除
・安らぎは失われ
・ああ、悲しみの聖母様
・想い出にひかれて
・ジプシー女が
・亡命者
・墓に近づかないでおくれ
・寂しい部屋で
・暗い夜の恐怖の中で
・哀れな男
・ストルネッロ
・アヴェ・マリア

 マーガレット・プライス(S)
 ジェフリー・パーソンズ(ピアノ)

 1986年録音

CD72「合唱曲&バレエ音楽集」

・聖歌四篇(4つの宗教合唱曲)

 演奏 シカゴ交響楽団&合唱団
 指揮 ゲオルグ・ショルティ

 1977年録音

・諸国民への讃歌

 ルチアーノ・パヴァロッティ(T)

 演奏 フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
 指揮 ジェイムズ・レヴァイン

 1995年録音 

・『オテロ』〜バレエ音楽
・『アイーダ』〜凱旋行進曲‐バレエ音楽
・『マクベス』〜バレエ音楽

 演奏 ボローニャ市立歌劇場管弦楽団
 指揮 リッカルド・シャイー

 1988年録音


CD73「室内楽曲集」

・弦楽四重奏曲ホ短調
・『ルイザ・ミラー』(弦楽四重奏版:ムツィオ編)

 ハーゲン弦楽四重奏団

 1993年・1994年録音

CD74「ヴェルディ・ディスカヴァリーズ」

・シンフォニア ハ長調
・ピアノと管弦楽のための変奏曲
・『運命の力』序曲(1862年初演版)
・トランペットと管弦楽のためのアダージョ
・『アイーダ』〜シンフォニア(1872年版)
・『ヴィルジニアの歌』(オーボエと管弦楽のための変奏曲)
・『オテロ』序曲
・『十字軍のロンバルディア人』〜第3幕への前奏曲
・『シモン・ボッカネグラ』序曲(1857年版)
・ファゴットと管弦楽のためのカプリッチョ

 演奏 ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団&合唱団
 指揮 リッカルド・シャイー

 2002年録音


特に余り録音されないジャンルに関しては個人的に非常に興味深いですね。



にほんブログ村 クラシックブログへ
ラベル:ヴェルディ
posted by やったくん at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | クラシック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽち。
これは、凄いですね〜。
ヴェルディのオペラ以外って、ほとんど聴く機会がないです。
「ルイザ・ミラー」の弦楽四重奏版が一番気になります。
Posted by operaview at 2010年05月20日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。