2014年05月14日

ハイリスクかハイリターンか

さて

巷はサッカーW杯の代表選考も終わり本番へカウントダウンという雰囲気。

我が母校からは代表に一人、予備登録メンバーに一人選ばれてます。

予備登録に入った彼が選ばれなかったという事は、チーム構成を守備よりも攻撃に比重を置いた結果なのでしょう。


クラシックでも室内楽などでは似たような感じで、熟成志向の演奏(守備的)と上昇志向の演奏(攻撃的)がありますね。

『ブラームス ヴァイオリンソナタ』という室内楽の名曲がありますが、以前実演で聞いたピリシュ&デュメイ、ツィメルマン&クレーメルの演奏は全然違う方向性からの演奏でした。

ピリシュ&デュメイはお互いを尊重した求心力の高い濃密な演奏。

逆にツィメルマン&クレーメルは対峙した位置関係からフェンシングさなからのスリリングな演奏。

この両者の演奏に優劣の判断は難しい。

どちらもよいとしか言えない。

ただよりリスクが大きいのは後者。

サッカー日本代表はこの後者と同じようにハイリスク&ハイリターンなメンバーで本大会に臨む。

これはなかなかスリリングな展開が待っていそう…な予感です。











posted by やったくん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。